聿宏知識産権

鐘 日紅

電気部部長、弁理士‖言語 :中国語、英語



履歴

2002年 北京郵電大学 マルチメディア通信修士課程修了

2002年~2007年 亜信聯創集団股份有限公司

20072010年 北京林達劉知識産権代理有限公司

2010年~現在 北京聿宏知識産権代理有限公司 

 

会員

中華全国特許代理人協会(ACPAA)

 

言語

中国語、英語

 

専門分野

通信技術、半導体装置、光電技術及びコンピュータ技術等

 

鐘日紅は亜信聯創会社「全世界で第二の大電気通信BSS/OSS提供会社」などの有名な国際通信企業で高級研究開発エンジニア、特許エンジニアなどの要職を担当した経験があり、技術についての分析、判断と将来性の展望および研究開発の過程に非常に優れた理解力を持っています。鐘日紅は通信技術、半導体装置、光電技術とコンピュータ技術など、特にマルチメディア通信、画像処理、ワイヤレス通信、通信プロトコル、デジタルセキュリティ技術が得意であります。それに多くの多国籍企業の特許出願を担当し、豊富な企業技術研究と開発、特許発掘及び特許早期警告の経験を持っています。

 

企業に知的財産権保護に関するコンサルタント及びトレーニング、ドラフティング、復審及び無効審判等サービスの提供、特にコンピュータソフトウェア、通信及びマルチメディア等領域の知的財産保護が得意であります。

 

鐘日紅の著書・翻訳書は「Linux黑客防范開放源代安全指南」、「Unix份与恢」などがあります。