聿宏知識産権

中華専利代理人協会副会長呉大建先生は新興科学技術専利展望及び対策フォーラムの司会として参加しました

2018年12月11日、台湾台大法律学院霖澤館に第十一回両岸専利フォーラムを中華専利代理人協会と台湾工業総会により共同開催されました。両岸専利業界と産業業界のおよそ200名の代表を会議に参加しました。中華専利代理人協会副会長呉大建先生は12月12日に新興科学技術専利展望及び対策フォーラムの司会として参加しました。


        

    2018年12月11日、台湾台大法律学院霖澤館に第十一回両岸専利フォーラムを中華専利代理人協会と台湾工業総会により共同開催されました。一日半の会期中に、両岸の代表団の代表より、AI時代に向かえて、専利政策の発展及び対応策、専利代理業界のチャンスと挑戦、新興科学技術専利審査実務の発展、新興技術専利議題展墓及び対策、専利審査の挑戦と対策などの議題に対して、幅広く検討と交流を行いました。今回の会議は時代発展の要求に合わせて、両岸専利業界と産業業界の共同関心の問題を真実に反映して、これから両岸の専利合作と交流発展をより一歩促進します。両岸専利業界と産業業界のおよそ200名の代表を会議に参加しました。

 

 中華専利代理人協会副会長、北京聿宏知識産権代理有限公司董事長兼総経理呉大建先生は12月12日の新興科学技術専利議題展望及び対策フォーラムの司会として参加しました。